真っ黒な紙を火で炙ると文字が浮かび上がる!ヨーロッパで開発された感熱紙の本が凄い!
話題

真っ黒な紙を火で炙ると文字が浮かび上がる!ヨーロッパで開発された感熱紙の本が凄い!

 2017/10/19(木) 18:41  ,

 365 0

真っ黒な紙を火で炙ると文字が浮かび上がる!ヨーロッパで開発された感熱紙の本が凄い!

管理人のツイッターも宜しく♪

Burn after reading(バーンアフターリーディング)。秘密の命令書などの冒頭に書かれている「読後焼却のこと」という意味。スパイ映画とかでよくあるやつです。
それとは逆で、読む為には紙を火で炙らなければいけない変わった本がヨーロッパで作られたようです。

言うならば『Burn before reading』!?

ネットの反応

2018年からネットショプで発売するとのことなので興味ある方は買ってみては?


読みにくそうです(正直な感想として…)


表面が擦ると消えるインクと同じ成分なのかな?


↑感熱紙という熱を加えると色が変化する化学物質を表面に塗布した特殊な紙で作られた本だそうです


一般人の私には使い道が思い浮かびません…

-話題
-,