永世七冠を達成した羽生善治竜王、1000手先まで読むのに必要な時間は30~60分と語りインタビューを困惑させる。
話題

永世七冠を達成した羽生善治竜王、1000手先まで読むのに必要な時間は30~60分と語りインタビューを困惑させる。

 2017/12/06(水) 17:19  ,

 31 0

永世七冠を達成した羽生善治竜王、1000手先まで読むのに必要な時間は30~60分と語りインタビューを困惑させる。

管理人のツイッターも宜しく♪

今年世間を賑わせたニュースのひとつに、将棋の藤井聡太四段の連勝記録が挙げられるかと思います。中学生ながらデビューから無敗のまま29連勝し歴代最多連勝記録を更新。『将棋界の次世代のスター誕生したな。』そんな感想を抱かずにはいられない話題でした。
しかし、私のような老いぼれにとって将棋界のスターと言えば羽生善治さんです。先日、竜王戦を制し前人未到の「永世七冠」を達成されました。凄い。
そんな『将棋界の生きる伝説』羽生善治さん。あるテレビ番組でとんでもない発言をさらっとしていて私達との格の違いを見せ付けてくれています。

頭の中覗いてみたい

ネットの反応

読書か何かじゃないんだから…((((;゜Д゜)))


こんなん苦笑いしか出来ねぇよ・・・


羽生レートで1分は、我々の1年にあたります。参考までに。


一手辺り3秒程度しか掛かってないんですが……


状況を見て、どんな形に持ち込むかなんだろうけど、1000手の詰将棋は逆算なのかな?


1000手全部を思考してる訳じゃなくって
相手が仕掛けてくるならここかなって手近の分岐点を
見てるだけですね。


29連勝した藤井四段、永世七冠を達成した羽生竜王。来年の将棋界からも目が離せませんね。

-話題
-,