『子供達が楽しそうに野球をやってない』『指導者の顔色を伺ってプレーしている』野球人口減少に関してDeNAの筒香選手が語った内容が正論過ぎる。
話題

『子供達が楽しそうに野球をやってない』『指導者の顔色を伺ってプレーしている』野球人口減少に関してDeNAの筒香選手が語った内容が正論過ぎる。

 2018/01/16(火) 19:14  ,

 64 0

『子供達が楽しそうに野球をやってない』『指導者の顔色を伺ってプレーしている』野球人口減少に関してDeNAの筒香選手が語った内容が正論過ぎる。

管理人のツイッターも宜しく♪

一昔前まで子供達の将来の夢ランキングに必ず上位にランクインしていたプロ野球選手。それほどまでに人気があった野球ですが、ここ最近は野球離れという言葉が色んなところで散見されています。
ある調査結果によると、中学生の軟式野球人口は10年前と比べると40%も減少しているらしいです。
これは子供の人口減少の影響が多少なりともあるのでしょうが、驚きを隠せない数字です。

なぜここまで野球人口が減ってしまったのか。色々要因があるように思います。
まず、いつ頃からか公園でボール遊びが禁止になり、子供達が気軽にキャッチボールなど出来る場所がなくなってしまったこと。
また、バットやグローブ、スパイクなど最初に揃えなくてはならない用具が多く、不景気で買ってあげることが出来ない親が増えたなどもあると思います。

そんな中、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が大阪府堺市で行われた少年野球のイベントに参加し、終了後にメディアに野球界の現状と問題点を話してくれています。
かなり踏み込んだ内容であるで是非一度目を通していただければなと思います。

子供の野球離れの原因は大人にある。

私自身も子供の頃に野球をやっていたので筒香選手の言っていることがよくわかります。
勝たなければいけない絶対勝利至上主義の指導者の存在は子供にとってはとても辛いものです。ヒットが打てなければ謝る、エラーをしたら謝る、アウトになったら謝る。そんな指導をさせられていた当時は試合に出ることが怖かった記憶があります。
また、土日は朝から夕方まで練習。友達と遊ぶ時間もまともにありませんでした。

現役のプロ野球選手、しかも昨年は日本シリーズに出たチームの4番という人気も実力も一流の選手がこのような事を発言すること、とても勇気がいったことだと思います。
彼の発言がきっかけで大人達が日本の野球を取り巻く環境を改めて考え直し、素敵な方向に向かうことを切に願います。

ネットの反応

野球に全く恨みはないけど、非科学的なスポ根志向で親側の負担も無駄に大きい話をあちこちで聞くから、うんごめん別のスポーツをさせたいかなと思ってしまう。


DeNA筒香嘉智選手の踏み込んだ発言。自分が小学生のとき、少年野球チームに抱いていた違和感と共通します。結果だけを求め、根性論で非合理的な世界だったなぁとしみじみ。 


理路整然とした、素晴らしい意見だと思います。野球に関心のある方はもちろん、それ以外の方も一読する価値がありそう。


筒香選手がどの世界にもある『変わらない体質』を指摘。現役選手の意見だから説得力がある!今だけでなく未来を見据えてるからすごい。違う競技のある選手もやはり未来の事を言っていた。上の人たちに届けばいいんだが…。


『子供達は楽しそうに野球やってない』これは考えさせられる


筒香嘉智選手のこの発信はすごく説得力があるし、同意もできる。ただ「スポーツ界の外」の視点も必要で、「野球離れを防ぐ」ことは目的でなく手段であるべき。音楽や勉強をやった方がいい人生になるなら、そちらを選ぶべきなわけで。


いいこと言うなぁ。野球だけに限らない話だと思う。


筒香嘉智選手の言っていることは、いわゆる部活動問題と、ほとんどのところで重なっています


ちなみに、野球の公式規則には『勝つことを目的とする。』と書かれているので『勝利至上主義』というのは間違っているわけではないんですよね…

やるお

-話題
-,